屋根点検の時期

スレート屋根」のメンテナンス時期・工事内容、屋根修理、屋根補修、屋根カバー、

スレート屋根

築5年ごとに「ヒビの点検・補修」

スレート屋根は割れやすいため、築5年ごとに業者によるヒビ割れの点検・補修を受けることで、雨漏りをほぼ防ぐことができます。早め、早めにメンテナンスすることで、費用も安くでします。
初回以降も、5年おきに同様の点検・補修を受け続けるのが理想です。

築15年目に「棟板金の交換」

屋根の棟は、築15年を過ぎたあたりで固定に使われているクギが弱くなり、強風で外れて飛んでしまうリスクが高まります。 そのため、この時期に棟板金および下地にタフモックにする事で木材とは、違い、腐食しない素材ですので長持ちします。

築30~40年目に「葺き替え」

スレート屋根は、ヒビの補修や棟交換をしながら住み続けても、築30~40年で寿命を迎えます。
このタイミングで、屋根と下地の全交換工事である「葺き替え」が必要になります。耐久性の良い屋根材などは、50年と持つ屋根材も有ります。

30年目に葺き替えをすればかなり安心です。異常がなくとも、40年目までには葺き替えることを推奨します。

「金属屋根」のメンテナンス時期・工事内容

金属屋根

築5年ごとのメンテナンスは不要

金属(ガルバリウム鋼板)屋根は頑丈です。5年ごとのメンテナンスは特に必要ありません。

築15年目に「棟板金の交換」

金属屋根も、築15年目を境に棟を固定しているクギが弱くなり、強風で外れる可能性が高まります。
棟が外れると雨漏りリスクも跳ね上がるので、この時期に棟板金と下地木材の交換を行うのがオススメです。

築30~40年目に「葺き替え」

屋根材のすぐ下にあるルーフィング(防水シート)が築30~40年で寿命を迎えます。
金属(ガルバリウム鋼板)屋根材はもう少し長くもつ素材なのですが、防水シートがダメになるとすぐに雨漏りをするので、このタイミングで「葺き替え」をすべきと判断します。

 

「瓦屋根」のメンテナンス時期・工事内容

瓦屋根

築5年ごとのメンテナンスは不要

瓦屋根は壊れにくいため、5年ごとのメンテナンスは特に必要ありません。

築15年目に棟の積み直しや、瓦のズレなどの補修が必要になります。

瓦屋根は、築15年目ごろから棟瓦の土台の土や木材が劣化し、瓦が強風で飛んだり、地震で崩れる可能性が高まります。
そうした被害が出る前に、「棟の積み直し」という棟の土台と棟瓦の解体と再設置工事を行いましょう。
棟の積み直しの費用は15~30万円です。

築30~40年目に「葺き替え」もしくは「葺き直し」

瓦の下にあるルーフィング(防水シート)が、築30~40年で寿命を迎えます。
防水シートが傷むとすぐに雨漏りをするので、このタイミングで「葺き替え」もしくは「葺き直し」を推奨します。

瓦が全体的に傷んでいたり、新しいものに交換したい場合は「葺き替え」、瓦があまり傷んでおらず、再利用可能なものが多ければ「葺き直し」を選んでください。

 

「アスファルトシングル屋根」のメンテナンス時期・工事内容

アスファルトシングル屋根

築5年ごとに「はがれの点検・補修」

アスファルトシングル屋根は、大きなシートが屋根に接着剤で固定されている状態です。
接着面がはがれることがあるため、築5年目に業者によるはがれの点検・補修を受けることで、トラブルをかなり防ぐことができます。
築5年目以降も、10年目、15年目…と5年ごとに同様の点検・補修を受ければ安心です。

築15年目に「棟板金の交換」

アスファルトシングル屋根も、築15年目をめどに棟板金の劣化とクギの固定力の減少が起こり、強風で飛んでいってしまう危険が高まります。
そのため、この時期に棟板金の交換と、下地が木材の場合はその交換も行うのがオススメです。

築30~40年目に「葺き替え」

アスファルトシングル屋根は築30~40年で寿命を迎えます。
このタイミングで、「葺き替え」をし、屋根材とルーフィング(防水シート)の交換を推奨します。

また、アスファルトシングルは防水力が高いので、他の屋根材に比べて下地が傷みにくく、「カバー工法」が採れる可能性も比較的高い屋根材です。

▼「アスファルトシングル」についてもっと詳しく知りたい方はコチラ

屋根工事業者ごとの得意・不得意分野

屋根工事を引き受ける業者には、大きく分けて「板金業者」「瓦葺き業者」「塗装業者」「ハウスメーカー」の4種類います。
業者によって得意な工事が違っており、自分のしたい工事が得意な業者に依頼することをお勧め致します。

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 横浜市南区瓦からエコグラーニ屋根葺き替え工事

  2. 埼玉県で外壁塗装など塗装工事をお考えの方は株式会社山田工芸

  3. 横浜市青葉区屋根瓦から葺き替え工事外壁日本ペイントパーフェクトトップ工事

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP