横浜市南区瓦からエコグラーニ屋根葺き替え工事

 

横浜市南区大岡で、既存瓦からディーズルフィーングエコグラーニ屋根葺き替え工事完了です。

既存瓦を外してから下地に針葉樹12ミリ厚を張ったら防水シートを張っていきます。時代が変わってこの防水シートもゴムアスルーフィングと言い、役30年から50年は、持ちます

下の写真は、本谷といい、ここに雨水が集まってきます。この本谷は、雨漏りを防ぐ重要な板金です。

既存瓦を外していきます。ここのお宅は、下地がトントン葺きになっていました。役50年前の屋根でその当時は、防水材など無く、

木の皮で作ったのを防水材の代わりに使っていました、このトントン葺きを専門に張る職人さんがいたらしいです。乗せてこのトントン葺きは、役50年でダメになってしまいます。なので築50年程のお宅は、雨漏りがしやすいので、屋根葺き替え工事をお勧め致します。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 磯子区S様邸【外壁、屋根工事】担当篠崎

  2. 杉並区和田屋根瓦棒葺き替え、外壁塗装工事

  3. 横浜市保土ヶ谷区鎌谷町屋根工事屋根修理、、屋根カバー工法、屋根修理

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP